EA作成サービスの詳細はこちら

元祖『だれとでも定額』のY-mobileで携帯2台持ちを解消しよう

大手キャリア誕生「Y-mobile」

大手キャリアの誕生「Y-mobile」の新料金で2台持ちを解消しよう

今月はじめに6月分の『ワイモバイルW』なるものがクレジットカードから引き落とされた。

何か不正利用されたのか!?とあせってGoogleで調べてみたら『Willcom』が『Yahoo』のイー・アクセスと合併し名称が変更になったとのこと。

変更後の名称が『Y-mobile』となり6月分の引き落しから適用されたみたいだ。

『Y-mobile』はWillcomの『だれとでも定額を』引継ぎさらにスマホ用にデータ通信量もカバーする新料金を発表した。

新料金は他のキャリアの半額の料金で今までどおり使用できる

『Y-mobile』の新料金

『Y-mobile』の料金は主に3種類に分かれている。

共通:10分間300回まで通話料無料

1.1GBまでデータ通信量が2,980円

2.3GBまでデータ通信量が3,980円

3.7GBまでデータ通信量が5,980円

ここで注目がこれはデータ通信量通話料のプランが合わさった値段ということだ。

他のキャリアはデータ通信料金と通話料金を2つに分けて新料金を発表している。

これは2つあわせたら最低でも6500円となってしまう。

元祖通話料無料の『だれとでも定額』だからできる技

元祖通話定額のWillcomだからこそできる料金プラン

前回大手キャリア(docomo,SoftBank,au)の新料金プラン比較を行った。

 

 

今回はその中でauが使い方としてぴったりの料金だったのでそちらと比較してみた。

Y-mobileとauの料金比較

キャリア通話代金LTENET料金データ通信量利用可能データ量
超過時
合計
Y-mobile定期契約あり
3,980円
3Gバイト
通話代金に含む
3,980円
au定期契約あり
2,700円
300円3Gバイト
4,200円
1Gバイト
1000円
7,200円
定期契約なし
4,200円
3Gバイト
4,200円
8,700円

結果はあきらか、『Y-mobile』が格安である。

格安料金のMVNOも存在するが、MVNOの場合は普通の電話をしないかわりに『LINE』等のアプリを使用することとなる。

しかし、『Y-mobile』であれば普通に電話をかけても、インターネットを見たり動画を見たりしても激安料金である。

『Y-mobile』での通信速度等もなんら問題ない。

※データ通信プランを超えた場合は128kbpsとなる。

この料金プランがあるならば2台持ちしている意味がないので統一を考えています。

そのため、SIMフリーの携帯端末を現在探し中。

『Y-mobile』に気に入ったSIMフリーの端末で契約したいからである。

これがとても気になっている。

『Sony XPERIA Z Ultra』はやっぱり画面のでかさがすばらしいw

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯

新品価格
¥39,600から
(2014/7/19 12:57時点)

もし、2台持ちをしている方は料金を見直すいい機会かと思います。

『Y-mobile』も検討のキャリアとして調べてみてくださいね。

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です