EA作成サービスの詳細はこちら

iPhone6の失敗しないスクリーンショットを撮る方法

僕は前までiPhone4Sを使っていましたが、メモリ容量の不足や、もっと大きい画面でネットサーフィンしたいと思いまして、iPhone6Plusに機種変更いたしました。

iPhone6Plusは片手で操作は結構辛いです。

僕は画面スクリーンショットを撮りラインなどで知り合いに送ったりするのですが、
iPhone6でスクリーンショットを撮ろうとすると、同時にスリープボタンとホームボタンを押す必要があります。
これが少しでもズレるとスリープモードになってしまい、結構ストレスになってました。(;´Д`)

そこで試行錯誤した結果、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんが、
確実にスクリーンショットを撮る方法を編み出しました。

ホームボタンを先に押しながらスリープボタンを押す

ホームボタンを押しながらスリープボタンを押す

簡単に操作方法を説明すると以下手順になります。

1.iPhone6のホーム画面のボタンを押下する。(押しっぱなし)

2.次にiPhone6の右サイドにある細長いスリープボタンを押す。

つまり、同時に押す必要はありません。
ホームボタンを押しながら、1秒以内に右サイドにあるスリープボタンを押せばいいのです。
※逆の手順ですとスリープ画面になってしまいます。

え?知ってた?(; ・`ω・´)

僕にとっては革命的な発見だったんです。。

電車の中でスクリーンショットを撮る場合はご用心ください

iPhone6でのスクリーンショットを撮ると、「カシャッ!」っと結構大きな音がなります。

電車の中でやると結構ドキドキします。(○撮と間違えられそうで…)

そこでiPhone6で少しでも音を小さくする方法は、
右手の親指で右下にある音がでる場所を塞げば結構音は小さく気づかれません。

スクリーンショットの撮る際のベストポジション

右手の親指を音がでる所へ
右手の人差し指をスリープボタンへ
左手の親指をホームボタンへ

基本このベストポジションを崩してしまうと一気にiPhone6を落下させる危険性があります。
左利きの方は逆の指で行ってもらえば大丈夫です。

以上、スクリーンショットでストレスを感じている方に少しでも参考にしていただければ幸いです。

それではまた(^_^)/~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください