EA作成サービスの詳細はこちら

iPhoneと新MacBookを接続するために必要なケーブル

MacBookのアクセサリが数多く、本当に必要なのはなんだろうかと迷う方も多いのではないでしょうか。

シンプルに使うからアクセサリは必要無いという人もいらっしゃるかと思います。

私はWindowsのパソコンを20年以上使ってきましたが、Macの新シリーズ『MacBook』が販売されると同時に購入致しました。

初めてのMacOSということもあり、必要最低限MacBookの特徴を最大限活かしつつ最低限のアクセサリーのみを購入しようと思いました。

MacBookのアクセサリーはこれから次々に登場するかと思いますが、今回は最低限なくては困るアクセサリーをご紹介します。

USB-Cポートが悩みの種

MacBookを購入される方は、USB-Cポート1つとヘッドホン端子のみしか無いということが悩みの種になったりもします。

MacBookのiTunesにiPhoneとの同期を1回は繋いで行わなければいけないのですが、そんな時に、iPhone6などのLightningケーブルそのままではMacBookにつなぐ事が出来ないんです!Σ(゚д゚lll)ガーン

そこで必要なのがUSB3.1 TYPE-CをUSB3.1に変換するアダプタです。

Apple公式『USB-C – USBアダプタ』

MJ1M2

こちらはApple公式が発売しているUSBとUSB-Cを変換するアダプタです。

これに『Lightningケーブル』を接続すれば問題なく、MacBookとiPhoneを接続することが出来ます。

値段は2200円(税別)となりApple公式というだけあって割高感があります。

しかも、USB-Cポートから普段のUSB端子用に変換するだけなのに、無駄にケーブルが長い…

そこで変換のみに特化し、不要なケーブルを削除したのが『BeeKeeper』です。

USB-Cポートをシンプルに変換するアダプタ『BeeKeeper』

beekeeper1

クラウドファンディングであるスターターキットでBeeKeeperというUSB-CからUSB変換アダプタが登場しましたよ!

カラーもMacBook用に(ゴールド・シルバー・グレー)の3種類あります。

beekeeper3

USB-Cの雄の端子と普段のUSBの雌の端子のみというシンプルさ!
MacBookの美しいフォルムに馴染む作りとなっています。

LightningケーブルでiPhoneと接続することで同期などのデータ転送も可能。

beekeeper5

BeeKeeperの端子だけを接続した場合はこんな感じ。

この端子にLightningケーブル等を接続したり、既存のMacBookAir等の充電ケーブル「USB3.1」を接続することが可能です。beekeeper4

普段使ってる『Lightningケーブル 』のUSB端子をこの『BeeKeeper』に差し込みiPhoneに接続すればMacBookに簡単に接続することが出来ます。

beekeeper45

普段持ち運ぶ時はLightningケーブルにこのBeeKeeperを接続した状態で持ち運べるので荷物になりません。

beekeeper2

値段は以下のようにケーブルの長さやフラットケーブルかの違いにより異なります。

beekeeper6

クラウドファンディングサービスのKickスターターはアメリカのWEBサービスのため、ちゃんと日本の自宅に届くか心配!っていう人もいるかと思いますが、私は楽天市場のような感覚で買い物しています(*´Д`)

だって、新しい発明などが日本で買えるようになるずっと前に買えるんだもん(*´Д`)

KickStarterについてはこちらがとっても詳しく記載されています。

こちらも購入(投資)方法がわかりやすくまとまっています。

これからMacBookの周辺アクセサリーが次々に登場すると思いますが、惑わされずになぜMacBookを購入したのかを改めて考えて、必要最低限のアクセサリーを購入しましょう( ・`д・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください