EA作成サービスの詳細はこちら

ウェブマスターツールの構造化データ『hentry』でのエラー解決方法

ウェブマスターツール構造化『hentry』のエラー増加について

ウェブマスターツールの構造化データ『hentry』でのエラー解決方法

ウェブマスターツール(WebMasterTool)はGoogle検索でのキーワードなどを参考にするためたま~に見ます。

ブログ開設当初は構造化データの箇所はデータが取得できませんでした。とエラーになっていたので気にしていませんでした。

ところが今日みたら、一気にエラー数が120件となっているではないですか!

しかもどれも同じで『hentry』内で以下3つが見あたらない模様。

autherがありません。

entry-titleがありません。

updatedがありません。

A型の私としては、エラー0個にしないと気持ち悪い衝動に駆られたので、解決方法を調べてみました。

『hentry』エラーの詳細

簡単にエラー解決する2つの方法

WordPressを使っている方にはよくある構造化データのエラー見たいです。

WordPressが独自に採用しているマークアップの形式「microformats.org」で『post_class()』を使用していると起こる事象みたい。

色々調べてみたら2つの解決方法があるみたいですね。

1.function.php内に以下記述を行う。

functionremove_hentry($classes){
 $classes=array_diff($classes,array('hentry'));
 return$classes;
}

add_filter('post_class','remove_hentry');

2.contents.phpなどからpost_class()を削除する。

これはpost_class()から取得されるhentryを取得項目からはずす処理になります。

<div id="post-<?phpthe_ID();?>"<?phppost_class();?>>

上記を以下のように修正

<div class="post">

当ブログでは1の解決方法をほどこしました。

一応ウェブマスターツールの構造化データ確認テストではエラーがなくなりました!

2の方法でも解消するみたいですが、どこに悪影響を及ぼすかわからなかったため戻し作業も楽な1がおすすめです。

【2014年8月9日追記】

構造化データエラーが激減!

対策をしてからエラー数が激減しています。

対策後、すぐには反映されませんので、辛抱強く待つとだんだん減ります。

もし、これを見てくださっている方で同様のエラーが出ている場合は試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください