EA作成サービスの詳細はこちら

自分にぴったりの携帯会社っていったいどこだ?料金比較をしてみた

auのカケホとデジラは8月13日から!

自分に合った携帯会社っていったいどこだ?料金比較をしてみた

DOCOMOの定額通話料金サービスの開始を皮切りにSoftbank、auと通話料金定額サービスが開始されます。

ニュースでもよくやっていますが大手キャリア(DOCOMO,au,SoftBank)の通話料金定額サービスは『2,700円』と比較してもあまり意味がありません。

次回からキャリアの乗り換え(MNP)を行う際からは通話料金定額の料金体系となってしまいます。

※現在の料金体系は一定期間までは残りますが新規契約では今の料金体系での契約はできません。

そんな中でMVNOが勢いがありますね。

MVNOとは仮想移動体サービス事業者といって要は大手キャリアの電波(回線)を借りてより安く提供しますよ~っていう

大雑把ではそんなサービスを提供する業者です。インターネットで言えばNTT光の回線をYahooBBのプロバイダ契約している場合、MVNOはこの例でいうとYahooBBにあたるプロバイダとなります。

各キャリアで自分に合ったキャリアはどこなのか比較してみた

利用状況を把握

料金を比較する前に私のスマホの利用状況を把握します。(各個人当てはめてみてくださいね。)

  • 通話はWillcomを利用しているため、スマホでの通話はLINEのみである。
  • 毎月の通信料(パケット量)は2G程度である。※6月は1.99G バイトでした。
    ※各会社のWEB明細等で確認できます。
  • 自宅では固定インターネット契約をしている。
    (私の場合はLANからWifiに接続しているためPC+タブレットも同時接続可能)

 
さて、上記の条件で各キャリアを比較してみましょう。

docomoの料金表

キャリア通話代金ISP料金データ通信量利用可能データ量
超過時
合計
DOCOMO定期契約あり
2,700円
300円2Gバイト
3,500円
1Gバイト
1000円
6,500円
(7,500円)
5Gバイト
5,000円
8,000円
定期契約なし
4,200円
2Gバイト
3,500円
8,000円
(9,000円)
5Gバイト
5,000円
9,500円

余裕を持ってデータ通信量を3Gバイトで計算してます。

結果的にはdocomoでは赤字が私には最適ということになります。

SoftBankの料金表

キャリア通話代金S!ベーシックパック
料金
データ通信量利用可能データ量
超過時
合計
SoftBank定期契約あり
2,700円
300円2Gバイト
3,500円
1Gバイト
1000円
6,500円
(7,500円)
5Gバイト
5,000円
8,000円

SoftBankもdocomoと同じ料金ですね。

またSoftBankは通話料金定期契約あり以外が現在、どうなるか記載されていなかったため表には記載していません。

auの料金表

キャリア通話代金LTENET料金データ通信量利用可能データ量
超過時
合計
au定期契約あり
2,700円
300円3Gバイト
4,200円
1Gバイト
1000円
7,200円
定期契約なし
4,200円
3Gバイト
4,200円
8,700円

auは3GBのデジホサービスがあります。

そのため、他のキャリアとは若干安くなりますね。

結論

現在、WillcomとSoftBankの合計9,000円ほど毎月かかっています。

auに乗り換えることにより携帯を一つにまとめることができ、料金も7,200円と約1,800円安くなることがわかりました。

ただ、今回はMVNOを除外して大手キャリアのみでの比較をしています。

次回はMVNOでの料金を次回検証してみます。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です