EA作成サービスの詳細はこちら

革の質感がとても良い。キーファーノイを2年間愛用した感想

大人になると本皮の靴やバックなどに興味がでる時期ってありますよね。私も社会人になり革靴や、ビジネスバッグを持ち始めてからは革製品を買い始めるようになりました。
革製品は革靴ぐらいで、しかもすぐボロボロにする革初心者です(´・ω・`)

今回は私の所持している革製品でもお気に入りのキーファーノイのショルダーバッグについて2年間使用しての気がついた点や評価をまとめましたので、参考にしてください。

【Kiefer neu キーファーノイ】ショルダーバッグ

キーファーノイとは創業60年以上の歴史がある(株)マツモトのブランドになります。私はたまたま、ショルダーバッグを探しているときにこちらのブランドを知りました。しっかりした作りの革製品なのでそれなりのお値段のため、3ヶ月我慢してボーナスで買っちゃいました(*´ω`*)

私が購入したのは『Kiefer neu ボディーバッグ(KFN1611C)キャメル』です。

 

2年間愛用してみて

経年劣化(見た目)について

2年間の外出時に使っていましたが、一度も革保湿クリームなどは塗っていませんでした
※もちろん使ったほうが色落ちやひび割れなどを防止するので使ったほうが良いです。

下のように尖っている角が色落ち多少しています。また、底の方の壁面に若干潰れたりするため、シワが目立ってきています。

底の厚い革部分に多少の傷は目立つものの全く問題はありません。

革の網目の部分は新品同様です。なにも傷んでおりません。

色落ちやシワは多少増えましたが、恐らく保湿クリームを1ヶ月に一回塗ってあげていればそうはならなかったかもしれません。

今は革製品の愛用品も増えてきたため革専用のクリームを購入しました。
クリームを1ヶ月に一回塗っています。革製品はメンテナンスをすればするほど愛着が湧きますし、色もだんだん使い込まれた感じになってくるのでとても面白いです。
※ショップ店員に聞いたのですが、高級な革も安い革も長年クリームでメンテナンスすれば差はほとんどなくなるそうです。

使い心地

Kierfer neuのショルダーバッグは少々小さめ

私は『長財布』『コインケース』『スマホ』を通常入れていますが、たまにこれに『充電器』『充電ケーブル』も入れています。これぐらいであれば普通に入れることができます。定期入れやティッシュなどは外付けのポケットに入れることができます。
500mlのペットボトルも入れることはできます。その場合は、何かしら出さなければいけなくなりますが。ショルダーバッグなのでそれ以上の大きさを求めるのであればリュックサックになってしまうかもしれませんね。

2年間使ってとくに小さめだからと不満はありません。
私はショルダーバッグに入らないものは『GOLLA』のバッグも併用して使う感じですね。

私が購入したショルダーバッグはチャコール色ですが、最近になってクリームを塗ってから段違いに革の色がよくなってきました。(やっぱり革製品は保湿メンテナンスが大事!!)

もし、キーファーノイの購入を大きさで悩んでいる方は、普段持ち歩くものが私と同じぐらいであれば安心して良いかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください