EA作成サービスの詳細はこちら

【WelthNavi運用実績公開】ウェルスナビの4月実績はこうなった。

どーも!オガパッチョです。 

何かに集中して投資すると利益が上がるときは、良いですが、逆の場合には、全く利益が出ないことも。

私の資産運用での目標は年利は20%であり、月利2%を目標に運用しています。

月利2%で運用出来た場合下記表のように資産が増えていく計算になります。
 
経過月 資産(元本100万)
1ヶ月目 1,020,000
2ヶ月目 1,040,400
3ヶ月目 1,061,208
4ヶ月目 1,082,432
5ヶ月目 1,104,080
6ヶ月目 1,126,162
7ヶ月目 1,148,685
8ヶ月目 1,171,659
9ヶ月目 1,195,092
10ヶ月目 1,218,994
11ヶ月目 1,243,374
12ヶ月目 1,268,241
1年経過 268,241の増加

月利2%で1年間運用すると結果的に年利は26%となります!

あの有名なバフェット氏ですら年利22%で資産を6兆円に増やしました。それに匹敵する年利を出すとなると相当難しく不可能かもしれません。

ただ、目標は高く設定!というわけです。

目標に届かなくてもそれなりの高い結果になればいい!ただそれだけです!

それでは、オガパッチョはどうやって月利2%を達成しようと計画しているのかはこちらを参照してください。

近日公開予定

リスクを取って高リターンのみですと、全く利益が出ない月は月利2%を達成できなくなってしまいます。

そうならないためにも、高リスクの投資と低リスクの投資などをバランスよく投資を行う分散投資を行う必要があります。
分散投資と聞くと、FXでは、色々な通貨で行なったりしますが、私の言う分散投資は、カテゴリー自体を分けることを意味します。

株、FX、不動産、仮想通貨、投信、債権などに分散投資することです。

株というカテゴリーで、私はWelthNaviOneTapBuyを選択しました。

WelthNaviとは

WelthNaviはロボットが自動的に米国株、日欧株、新興国株、米国債券、金などにバランスよく投資を行ってくれます。

最大の特徴

ポイント
  • 自動積立
  • 自動リバランス
  • リスクレベル設定で目標設定可能
  • 自動税金最適化(DeTAX)
振り込まないでも自動で積立されるのは今となっては普通のことですが、やはりありがたいものです。

また、自動税金最適化については公式ホームページにもある通り、年間での分配金やリバランス時の売買益における税金を一定額以内に収めるために、税額が高くなる場合に、含み損を利用することで自動で対応するというもの。

お客様の「譲渡益に対する税負担」を自動的に最適化する機能が「DeTAX」。
分配金の受け取りやリバランスなどにより生じる税負担が一定額を超えた場合、お客様のポートフォリオ組入銘柄が抱える含み損を実現することで、翌年以降に繰り延べます。
繰り延べがなかった場合より運用できる金額が増えるため、投資効率向上が期待できます。

リスクレベル設定

何年までにいくらまで増やしたいのか。積立金額をいくらにするのか。等を目標設定することでリスクレベルが設定されます。
もし、目標金額に達成する確立が低いのであれば、積立をどれぐらいにすれば確立があがるのか?など色々と検証することができます。
こうして、自分の中で納得のいくプランがわかれば、あとはスタートさせるだけです。

手数料

手数料は年率で現資産の1%としています。

手数料の計算方法は大体下記ではないかと考えています。あくまでも参考程度です。

現時点の資産 × 0.01(年率1%) ÷  12(12ヶ月分)  ≒ 月の手数料

オガパッチョの場合

400,000 × 0.01 ÷ 12 ≒ 333円

上記の手数料に実際は税金などがかかって結果、徴収額は下のように徴収されていました。

注意
計算式はあくまでもオガパッチョが考えているものであり、実際に徴収される金額は異なる場合があります。

大体これぐらいの金額が手数料として毎月資産から引かれます。

実績公開

すでに5月に入ってしまっているのですが、4月時点の実績が吹き出しにて表示してあります。

2018年1月はNasdaqなど、米国の株が上昇していたこともあり、10%利益がでていたのです!
しかし、2月頃から一気に低迷します。ようやく4月からじんわりと回復の兆しを見せつつありますね。

4月の終わりには約4%ほどの利益となっています。


現時点(5月)では約6%まで回復
しております。
5月の円と$での資産額になります。
2月時点では多くの方々が焦ってWelthNaviで赤字だ〜というツイートをよく見かけました。

でもこれ、投資ですよね?投機ではありません株価が安くなればまた、元本割れもあるかもしれません。しかし投資が目的ですので、そこで悲観するのではなくじっと見守り続けるだけです!

まとめ

はじめてみよう!

2月ごろから4月中旬までは経済は停滞気味でしたが、ようやく回復傾向にあります。

特に2月,3月での米国の株価の急落などありましたが、私は、WelthNaviがリバランスを自動で行い評価損を拡大しないように制御していたことを高く評価しています。

 
分散投資として低リスクのカテゴリでのWelthNaviを選んだのはオガパッチョ的には正解でした。

1月ごろから開始された方は、タイミングの問題でまだ、含み損を抱えているかもしれませんが、ある程度株価が下がった状態の今から開始するのはタイミングとしては良いと個人的には思います。

様子見している方は、少額からの分散投資と考えはじめてみてはいかがでしょうか。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください